LEDとは(発光ダイオードとは)|LED(発光ダイオード)を使った木・樹木のイルミネーション施工LED(発光ダイオード)を使った木・樹木のイルミネーション施工




イルミネーション工房 > LEDとは(発光ダイオードとは)

LEDとは(発光ダイオードとは)

LEDとは?(発光ダイオードとは?)
LEDとは、「Light Emitting Diode」の略で、「エルイーディー」と読みます。
日本語では発光ダイオードと呼ばれています。

電流を流すと発光する半導体素子です。
最近になって難しいとされていた青色ダイオードが実用化され、光の3原色である「赤・緑・青」が揃い、この3色の組み合わせで様々な光のハーモニーを奏でることができるようになりました。

LEDは、電球や蛍光灯に比べて熱を発生させず、非常に消費電力が少ないうえ長寿命という性質があり、信号などもLEDに変わっていっています。

LEDを使ったイルミネーション



LEDを使ったイルミネーションには
・消費電力が少ない
・寿命が長い
・非常に明るい
・熱の発生が少ない

といった特徴があります。

・消費電力が少ない

消費電力は従来のイルミネーションの1/7といわれています。
イルミネーションも点けたままにしておくとそれなりに電気代がかかりますが、
電気代が1/7になるというのは非常に魅力的ですね。

・寿命が長い
LEDの寿命は半永久的といわれています。
クリスマスツリーに飾ったイルミネーションの電球が切れてしまうことがよくありますが、
折角のイルミネーションも切れた電球がたくさんあると魅力が半減してしまいますね。
LEDであれば寿命が長い為、電球が切れてしまうこともほとんどありません。

・非常に明るい
従来のイルミネーションに比べ、とても明るいので遠くからでもよく見え、非常にきれいです。
今までのイルミネーションに比べて温かみが少ないといった声もありますが、
特に夏場のイルミネーションとして使うと非常にさわやかな印象がありますね。

・熱の発生が少ない
従来のイルミネーションは消費電力が多く、とても熱くなっていました。
そのため、生きた樹木にイルミネーションを巻くと樹木を傷めてしまう危険性が
高かったのですが、LEDであれば、熱の発生はとても少ない為、樹木を傷めません。
最近になって樹木のイルミネーションが増えてきたのは、
LEDのおかげといってもいいかもしれません。