多点温度監視機能,温度管理,温度測定多点温度監視管理システム


トップページ 会社概要 個人情報の取扱い   お問合せ
多点温度管理システム > 多点温度管理システムの機能・構造 > 多点温度管理システムの温度監視機能
 
多点温度管理システムの機能・構造
多点温度管理・監視システムの温度監視機能

特徴
温度警報の前に察知できる温度監視ができます! 
設定を超過する前の予報表示により異常を未然に防げます。


多重伝送で取込んだ温度データがシステムを管理する上で正確に推移しているかどうかを常時監視します。
この管理のために計測値を任意に設定できる上下限の警報設定値を登録して上限や下限を超過していないかどうかをリアルタイムに監視します。またシステムによっては瞬時の超過は異常としない等の警報遅延時間の時間登録をおこないます。

グラフィック表示の場合も計測温度の数値表示とその場所の管理設定温度を基準とする色で表します。 

   ■上限超過
   ■上限接近(上限警報予報※) 
   ■設定範囲内 
   ■下限接近(下限警報予報※) 
   ■下限超過

色で表すことにより一画面に多くある多点の管理、異常監視も一瞬に把握でき、予報表示の管理をすることでより精度の高い緻密な温度管理をすることが可能となります。

※更に事前に異常を管理する予知監視の場合は周辺機器との総合監視で可能になります。

画面右で各温度計測CHの詳細表示と温度監視の警報設定等の登録ができます

画面右で各温度センサごとに温度異常の警報設定を行うと各ミニグラフと詳細グラフに上限で赤線、下限で青線が引かれそのラインをグラフが超過すると温度警報が発生します。


温度監視にメール通報モジュール追加の場合

温度異常が発生すると携帯電話にメールで温度異常の内容 を詳細に通報します。
日時、場所、状態、何℃等を表示します。
通報先は各異常信号ごとに担当者に送ることや同じ内 容を全員に送ることも可能です。
警報発生後は継続してその後の温度の推移を継続して通報する設定もあります。

個別警報モジュール追加の場合

各管理温度ごと、あるいは温度管理グループごとに上限、下限の温度監視の警報接点を個別に出力することも、伝送ラインに送ることも可能です。