多点温度管理システムの用途,温度管理,温度監視,多点,温度測定多点温度監視管理システム


トップページ 会社概要 個人情報の取扱い   お問合せ
多点温度管理システム > 多点温度管理システムの用途
 
多点温度管理システムの用途

省配線の多重伝送ユニバーサルラインを利用した多点の温度管理システムは各種の方面で利用されています。


多くのサーバーの温度の一元管理
サーバーの高密度化が進むにつれて、サーバーの温度管理が重要になります。温度が10℃上昇するごとにサーバーの寿命は半減するともいわれています。各サーバラックごとの上中下段ごとの温度をリアルタイムに測定して負荷状態、冷却機能を管理することにより故障の起きる前の温度管理とシステムの長期安定運用に寄与します。

農業用ビニールハウスの温度管理
加温栽培するハウス内の温度を長期に管理して品質及び生産性の向上や遅霜などからの被害を未然に防ぐことが可能になります。

百貨店の冷凍ショーケースの温度管理 食品工場の温度管理
個々のショーケースの温度を常時、計測監視することにより安定した食料品等の管理が可能になりHACCEP、トレーサビリティに対応したシステムの構築が可能になります。

工場中の重要な機器の軸受けの温度管理
工場生産に重要な回転機器の軸受け温度をリアルタイムで計測して機器破損の前兆や過負荷等を管理する予知保全をすることにより不慮の故障 を未然に防ぎ機器の寿命を延ばします。

省エネ管理用に各部屋の多点温度計測
省エネ管理のための冷暖房の設定管理を多点温度計測システムで監視します。また省エネ空調制御も時間的制御ではなく現場の温度を見ながら適切に制御することが可能になります。

温泉、大型風呂の温度管理
広いエリアのお風呂の最適な温度管理が可能になり常に快適な施設の使用を提供できます。

樹脂成型工場の機械、原料、製品の温度管理
成型金型の温度を詳細に計測することにより製品の品質、歩留まりの向上が可能になります。

冷却水やモーター、エンジンの温度管理
機械やその駆動系の温度を連続的に計測することにより機械の負荷状態や機器損傷の状態を管理することができます。

炉材、保温材、断熱材の劣化管理
保温材等の表面温度を連続的に計測することでその保温材の劣化や肉減り、炉材の損傷等を管理することができます。